« 2009年2月10日 | トップページ | 2009年2月21日 »

2009年2月12日

2009/02/12

橋下知事二年目

とりあえず素人感覚の目線で府の組織を見て、それに染まらないようにしながらマスコミを使って騒ぎ立てて注目を集め、そうすることでここまで走ってきたという感じがする。
ひとつひとつ「これはおかしいんじゃないか」と叫び、問題提起をすることは基本的には正しい。ただ、それをやればやるほど国にがんじがらめにされている現状にぶつかるわけで、自ずと矛先はそこに向かう。

多くの人が、東国原宮崎県知事と橋下知事はいずれは国政の場に出るのではないかと勘ぐっている。でも、国政に出ることが、彼が提起した問題の解決につながるのだろうか?

もし国会議員になったとしても、自民党では何もできまい。小泉純一郎のような変人でさえぶっ壊すといったのは自民党であり、官による支配体制を壊したわけではない。郵政民営化は確かに大樹という組織を壊したけれど、それは霞ヶ関という本丸ではなかった。自民党自体が官僚と何十年も馴れ合いでやってきたのだから、そういうことはできないだろう。

民主党ならできるかもしれない。けれども与党でないと嫌だろうから、まず政権が民主党に交代していて、その上で民主党の国会議員になるのでなくてはならない。

あるいは国会は任せておいて、知事の立場から反旗を翻して戦い続ける方が、自分の立場を明確にできて良いかも知れない。
地方の行政に関わり、その現状を見れば、国に言いたいことが山ほど出てくるのは当然の成り行きである。
どうしてもボスキャラと戦わざるを得なくなってくるのだ。

どこに敵がいるかははっきりした。では支持率という援軍を使いながら、その敵とどう戦うか。
それがこれからの課題といえるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月10日 | トップページ | 2009年2月21日 »