« メラミン混入問題と中国 | トップページ | 中山発言考 »

2008/09/27

暴言大臣 中山成彬

暴言、それも連発に次ぐ連発。地元で暴言は慎むよう諌められた直後の、開き直ったかのような「日教組は解体せよ」の言。

確か、前にも好き放題言って中国か韓国を怒らせてすぐに辞めた、こんな大臣がいたような・・・
いや、ときどきでてくる、こういう人。

以前、ハマコーが予算委員長になって共産党を怒らせたことがあったがあれと同じなんだろう。あの時のハマコー同様、この人はとにかく日教組が憎いんだろう。それで、もうどうにでもなれ、ってな感覚で言いたい放題行ったんだろう。
どういう経緯があったのかは知らないが、小学校の時、日教組の先生にこっぴどく怒られたとか(笑)
文科省の職員はこの大臣の発言について「あの人の信念ですから」みたいなことを言っており、そのことからしても、この人は相当日教組に深い怨念があるらしいことがわかる。

恐らく、自民党が危なくなってきた今になって、自分達の存在意義をアピールするため本音を言おうとしたのではないか。どうせ選挙はすぐだし、言いたいこと言っちゃえ、あとは野となれ山となれ、的な感じで。

世の中には、こういう困った人なんだけど、どういうわけか回りから持ち上げられる立場にいて、回りがいつもハラハラさせられるという場合がある。たぶん、わがままで甘え上手なんだろう。
だが、それが政治家として相応しいかどうかということだ。

坊ちゃん総理の太郎君にはその辺の感覚がたぶん分らないんだろうけど、一般有権者は分るはず。
だから今度はそういうことを考えて投票しようよ…


ちなみに、橋下知事はこの発言を擁護している。
われわれには日教組がどう問題があるのか分らないのだが、一度公開討論でもしたらどうだ?
ただ単に教育という世界が政治家の思うようにならないから日教組はウザイ、といってるだけなのかどうか、はっきりさせたら良いと思う。

|

« メラミン混入問題と中国 | トップページ | 中山発言考 »

「ニュース」カテゴリの記事

「社会」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「行政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95373/42613264

この記事へのトラックバック一覧です: 暴言大臣 中山成彬:

« メラミン混入問題と中国 | トップページ | 中山発言考 »