« 2007年9月23日 | トップページ | 2007年12月3日 »

2007年10月23日

2007/10/23

いろいろ出て来た防衛省

最近になって守屋前事務次官の周辺からいろんな問題がぽろぽろと出て来た。
小池前防衛大臣が守屋氏を辞めさせようとしたのは、そういった醜聞を抱えた人物を早く「追放」したいという意図があったからなのだろう。ところが守屋氏はそれに抵抗し、大臣と対立した。
官僚機構にあって任命権者に楯突くとは言語道断なのだが、そんなことをするほど厚顔無恥、というか恐れを知らない男だったようだ。実際、テレビでマイクを向けられても妙に堂々として、後ろめたさを全く感じていないように見受けられる。

あの映像を見て思ったことがある。
一つは、あんなふうに押しが強く、横柄に感じるぐらい態度がでかく、自己と組織に対する意識が一体となっていて、上昇志向と保身の意識が強い人物ほど巨大組織では重宝され、取り立てられて権力を握る立場に立ちやすいということ。
ただそういう人物は、一方では専制的な組織運営に走り、牽制する者を排除してしまうか、あるいはいても聞く耳を持たないために、いずれは組織=自分のように境界があいまいになってしまい、結果的に破滅につながる運命と背中合わせでもある、というのが私の見方だ。

事務次官時代、彼はまさに自分=組織であり、さまざまな醜聞は自己の権力で封印することができた。もちろん、強力な上昇志向によって組織の拡大など、仕事の面で果たした功績もあるだろうが、いわばその副産物として負の遺産も残したというのが事実だろう。
ただでさえ通常の任期を越えて事務次官に在籍していたというのだから、その強大な権限ほど魅力的なものは彼には他に無かったに違いない。

しかし関係業者との違法な付き合いなど、基本的な部分で道を踏み外していたことが明るみになった今、彼はこれまでの負の部分をすべて明るみに出し、清算しなければならない。
テロ対策支援の給油量の記録ミスなど、意図的かと思われるような不備が見つかっている防衛省だが、これは参院で与野党の勢力が逆転した今の国会ではとても大きな問題だ。
職員によると省内は彼の影響力に支配されていたというが、前事務次官の負の部分の清算がなければ本当の意味での疑惑解明と再スタートは有り得ないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月23日 | トップページ | 2007年12月3日 »