« 2007年7月10日 | トップページ | 2007年7月25日 »

2007年7月19日

2007/07/19

地震に弱かった原発

 先日の新潟の地震で東電の原発が被害を受けた。
衝撃的だったのは黒煙を上げて燃える変圧器の火災映像。建物本体とは違い、揺れやすい地盤の上に設置していたため、金属導体部分とそれを覆うケースが接触して短絡し、そこから火災に至ったということらしい。

あの映像は、原発の安全性に疑問を抱かせるには十分なインパクトのあるものだった。
それ以外にも放射性物質を含んだ水が海に流出したとか、いろんなことがあったようで、当初はそれも、公表はしているができるだけ世間を驚かせないよう、影響を小さく評価して出しているような印象があった。そしてやはりそういう操作があった(らしい)。

結果的には7つの施設のうち5カ所でダクトが損傷したり、建物のガラスが割れたり、外から見て分る被害がいくつもあり、また火災の消火に時間がかかったことなどから、その安全に対する体制に疑問の目が向けられた。また予想を超えた揺れが観測されたことなどから、建設時にまでさかのぼって東電の姿勢を問う声すら出てきている。

 地震が来た時、当の発電所の職員達は、恐らくてんわやんや、おっかなびっくりだったのではないだろうか。一応耐震上は安全だと理解はしていても、あらゆる箇所を確認しながら気が気でなかったのではないだろうか。
火災発生ということで焦ったものの、変圧器と分って胸を撫で下ろしたのではないかという気もする。そんな、自分たちですらおっかなびっくりなことを外部に発表するとなると、なおさら萎縮してびくびくしていたのではないだろうか。

それは人間の心理としては当然だろうし、心情的に理解できる。
でも、原発という施設を預かる立場としては、本来ガラスのヒビ一つに至るまで詳細に公表し、オーブンな姿勢を取ることで近隣との信頼関係を築いていくべきだ。もちろん、放射能漏れが最大の関心事なので、そのことだけでも先に伝えて安心させる方向に持って行きたいという思いはあるだろうが、まずは事実を正直に伝える、伝えている、その姿勢を見てもらうことで安心してもらう、という方向に発想を変えるべきだと思う。


 だが実際、情報をオープンにすれば中には過剰反応する人もいて、その際の対応を考えると、できるだけ情報は出したくないと思い、行動が内向きになってしまうものだ。その傾向は多くの情報を持つ大きな組織ほど強く、役所以上に役所的な電力会社では特にそうだろう。
現場で組織とのそういう板挟みになる職員には同情するが、トップの人間が責任を持って情報公開や信頼関係の構築に望む決意を見せ、リーダーシップを発揮してもらいたいと思う。
そして我々都会の人間は、そんな遥か遠くにある発電所に生活の基盤を依存しているということを良く覚えておかねばなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月10日 | トップページ | 2007年7月25日 »