« 環境省3Rプロジェクト | トップページ | 中学校受難時代 »

2007/02/10

政治家の本音

ヤナギサワもカンもアベも、誰も彼もみんな肚の中で思っている事はただ一つ


子供をつくれ


子供が増えたら、年金問題も少子化対策も労働力不足も財政赤字や農業の問題も、今の日本が抱えるいろいろな問題の解決に一気に光明が見える。そうすればその分他のことにエネルギーを費やせるわけで、本当は政治家も官僚もみんな同じ事、ソレを思っている。
この際総理も閣僚も与野党全議員も全官僚もみーんな起立して国民に向かって頭を下げて、


国民のみなさん、どうか子供を生んで、子孫を増やしてください。


と頭を下げたらどうか。
本音を隠したタテマエの言葉尻でピリピリするよりその方がよっぽど健全だと思うがな。

そうしてお願いされたら今度はボールを受け取った国民が「じゃあ、こうしてよ」と政策を要望すればいいわけだ。そしたら今度は政府が「わかりました」といってしっかりそれをやれば良いわけだ。

そういう政府と国民の信頼関係が今の日本に一番欠けているのだから、この際正直になって再構築すれば良いではないか。

それが国を愛する心、つまり愛国心、そして美しい国の姿ではないのか?


(コイズミはそんな”パフォーマンス”をやって、そして国民は反応したのだと思うけども)

|

« 環境省3Rプロジェクト | トップページ | 中学校受難時代 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95373/13859227

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家の本音:

« 環境省3Rプロジェクト | トップページ | 中学校受難時代 »