« 2005年4月15日 | トップページ | 2005年4月17日 »

2005年4月16日

2005/04/16

群衆と自傷とカミソリ

 韓国・中国における反日行動は、われわれからするとにわかには理解できない部分が多い。
中国ではネットや路上の呼びかけにあれだけの人間が集まり、大規模なデモが成立するのだ。日本では決してあり得ないだろう。もちろん、かつての安保闘争などの時代には可能だったかもしれないが、今となってはあれだけ多くの人間が、気持ちを一つにして同じ行動を取るなんて、あり得ないことだ。それがあり得なくなったことこそ、軍国主義を捨てた平和国家日本の姿でもあるのだが、彼らにはそれが理解されていないわけで、それは日本人にとって非常に残念なのだが、中国の国民統制がそうなっているので仕方ない。

 一方、韓国では竹島問題をめぐり、自分の指を切り落としたり、自分の体を傷つけることによって抗議するという事例が報道された。これも我々には理解できない、信じられない部分である。おそらく、韓流スターに憧れる多くのおばさまたちも、ヨン様がそんな精神性を持っているとは信じられないだろう。韓国には「恨」という、底を流れるような深い感情が民族の精神性としてあり、それとは対照的な爆発的な激しさも同時に持っている。そして占領を受けたという過去と相まって、あのような激しい行動に現れるのだ。
冬ソナでは分からない、韓国人の精神性、あの抗議行動はその一部なのだ。

 ところで日本では、中国の態度に対し、外交使節に銃弾やカミソリを送りつけたり、ペンキを投げつけるという事件が起きている。なんだか陰湿で不気味なやり方だが、まさに「いじめ」の手段を見ているようで、それは今の日本の一面を象徴的に表している。

題材としては良くないが、そうやって一歩引いて比較文化論的に分析してから考えれば、冷静な話し合いも可能なんではないだろうか。
有意義な話し合いはまず冷静になってから、である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月15日 | トップページ | 2005年4月17日 »